NEWS

2020/10/24

蕎麦シフォン

蕎麦シフォン
久しぶりに蕎麦シフォンを焼きました。
気泡が入りやすい生地なので
なかなか販売スタートに踏み切れなかったのですが、今回は良い感じ。
あまり意地になって食材と向き合うのはよくないなと思っていて、思い通りにしようとすればするほど、遠ざかってしまう気がします。
ほんの少し距離を置くことによって
また違った角度から物事を見れるようになり、すっと乗り越えれたりするのかな。
このシフォンは、とても水分量が多くて梅雨や真夏の常温は傷みやすく取り扱いが難しいです。
ならばいっそのこと、新そばの時期(11月〜3月)だけの予約販売にしようかなと思っています。

2020/10/13

そば団子

そば団子
小さなそば団子ができました。
そば粉に少量の白玉粉を加えることにより、
モチモチの食感が出せました。
冷めても硬くならない「そばがき」のよう。
餡は、小豆をじっくり炊き上げた自家製の全粒あん。
炒ったそばの実を振りかけると、
サクサクと芳ばしい。

2020/10/03

ひとつひとつ

ひとつひとつ
法事用のお菓子としてご利用頂きました。
ご自宅用とは違って
人へお渡しするものを選ぶときは
そのシチュエーションに合わせて配慮されたりと
相手のことを思い考えています。
気持ちのこもったギフトとは、
そういった時間を含めたものだと思います。
そんな気持ちに寄り添えれるよう
ひとつひとつ
丁寧な作業を心がけています。
.
.
.
22D7887F-6217-446F-933B-EC9D6F1DFDD0.jpeg

2020/10/01

秋パフェ

秋パフェ
栗の渋皮煮と蕎麦グラノーラを使って、秋らしいパフェを作りました。
ミルクアイスにもそば粉を入れていますが、ソフトクリームのように軽いので、ペロリと食べれてしまいます。
シャキシャキの和梨とフレッシュのプルーンに隠れてショコラクリームを忍ばせました。
こちらは、
 麺坊万作南花台本店の「ついたち御飯膳」のデザート。
毎月、月初の1日に、そば粉を使ったデザートが付く御飯膳を提供しています。
次は何にしようかな?とワクワクしながらメニューを考えていますが、食べた方から直接感想を頂ける貴重な場であり、とても有り難いです。
今後のメニュー開発に役立てています。

2020/09/29

渋皮煮

渋皮煮
今年も地元の栗で渋皮煮を作りました。
自分で一から作るようになって、
より栗好きになった気がします。
甘く炊いてラム酒をガツンと効かせたモンブランも好きだし、黒糖で炊いてコクのあるものも艶やかで美味しい。
今年はホクホクに炊いて栗らしさを味わえるようにしてみました。
細かな調整をできることが、
手作りの一番の醍醐味だと思います。
いろんな美味しさを知ることによって、
一番好きな味を知れるんじゃないかな。
1 2 3 4 5 6 7 8 9